単身赴任者向け賃貸物件の探し方

賃貸物件で猫と一緒に暮らす

近年ではペットブームと言われるだけあってペットと一緒に暮らしたいという人が増えているようです。ですが、そうしたニーズがありながらも賃貸物件ではまだまだペット可物件が少ないのも現実です。中には大家さんや不動産屋さんに内緒でペットを飼う人もいらっしゃるようですが、これは後から発覚したときにトラブルの原因ともなりますので絶対にしてはいけません。また、ペット可物件が少ないと言いながらも相談次第では許可が出るところもあるようですので、まずは大家さんや不動産屋さんに相談することから始めましょう。

さて、いくら相談してペット可にしてもらったとしても最低限のマナーと呼べるものは守らなくてはいけません。やはりペットとして人気なのが猫ですが、賃貸で猫を飼うには様々なことに気を付けなければなりません。例えば1番厄介なことが壁での爪とぎです。壁紙を破ったり、ときにはコンクリートさえも削ってしまうこともあるくらいです。いくら許可をもらっていてもそこまでなるとトラブルとなってしまうでしょう。そうならないためには、壁や柱にカバーをつけておくと良いでしょう。ふすまや障子がある場合にははずしてからカバーをつけて保管しておきましょう。また、爪とぎの次に厄介なことでトイレの臭いがあります。猫は犬のように体臭はありませんがトイレの臭いが強いので消臭剤を切らさないようにするなどの対策をしなければなりません。ご近所トラブルになりますので、間違ってもベランダにトイレを設置しないようにしましょう。

注目のキーワード